ゼロ磁場で超能力・テレパシーの磁気共鳴で心と身体を幸せに導きました


釈迦・バラモン教チベット仏教の原点はヒマラヤの聖地

 

釈迦、ヒンドゥー教、チベット仏教は、ヒマラヤ(ネパール)の地震を生む断層地帯、ゼロ磁場の磁気の強い場所で誕生しました。
ゼロ磁場の磁気エネルギーが、人間のもつ生体磁石との磁気共鳴し、心に超能力・テレパシーの神を呼び覚ましたのです。(釈迦はモンゴル系)
釈迦は仏像信仰、お経信仰を説いていません。イエス・キリストの手当てと同じように、ゼロ磁場の聖地で超能力・テレパシーの磁気共鳴作用で人々の心を幸せにしました。

 

相手に合わせ、一人一人と対機説法でその場所で、磁気エネルギーを高め、人々に適した真理の言葉で語られ、心を伝える磁気共鳴作用で「手かざし」を行なっていたのです。

 

釈迦の入滅から500 年間は、仏像が作られていません。聖なる人の姿を仏像で表すことを避けていたのです。釈迦は、仏像信仰とお経信仰を勧めていないのです。
日本の仏教は、釈迦の遺言を無視、仏像信仰、お経信仰を1500 年も続けています。

 

 

宗教・禅・密教・ヨガの洗脳はASC 技術を利用しています

 

暗い部屋で、座禅を組み、足の痛みに耐え、眠らせないで、食事を制限。血糖値が下がると、意識が朦朧とし、不安に陥り、五感が敏感になり、幻想・幻覚・妄想の世界に入りやすい体質になります。悪い宗教の暗示にかかりやすくなります。
山に籠り、野を駆け巡り、滝に打たれ、食事制限する、荒行の修行僧も同じです。
睡眠制限、菜食、断食、お経を唱えさせ、餓死状況で苦行に追い込むのが、古今東西の洗脳する宗教の古典的な手法です。

 

宗教の原点は、人間の持つ、超能力・テレパシーの磁気エネルギーを高め、お互いに磁気共鳴し合うことで、心を伝え心と身体を健康に導きます。
全ての男性は、女性を征服し、子孫を残そうとする本能と、お金や物質が全ての愚かな心を持っています。

 

 

釈迦は祇園精舎の鐘の響きで悟りの境地に導かれ出家と阿含経に記述されています

 

釈迦は祇園精舎の鐘の響きが生体磁石の磁気を高め、磁気共鳴で煩悩を取り除き悟りの境地に導くことを知っていたと考えられます。
諸行無常の鐘は中国の宋の時代、日本に渡来したと言われています。除夜の鐘として現在も受け継がれています。

 

日本は戦時中、鐘を強制没収し兵器にした悲しい歴史があります。
ゼロ磁場音響免疫療法は、釈迦が感じたゼロ磁場の奇跡を生む磁気エネルギーと諸行無常の鐘の響きを感じ、悟りの境地に導きます。
日本のお寺の中にはゼロ磁場の悟りを無視し、お金儲けの葬式墓場利権の宗教になっているお寺もあります。(2015 年死者130 万人)

 

 

高層タワーマンションは 地磁気の弱い場所心と身体に害になります

 

イルカ、クジラ、鳩、ミツバチは脳のマグネタイトで地磁気で方向を感知します。
野生動物は、北を枕に寝る習慣をもっています。地球の表面は、500~600 ミリガウス。超高層マンションの10 階以上や歌舞伎町などの磁気の弱い場所は、200~250 ミリガウスです。

 

磁気の弱い場所は、植物の育ちが悪く、人間の心と脳に悪い影響を与えます。超高層マンションに住むには、お部屋の磁気エネルギーを高めることが大切です。

 

 

量子力学 響きの科学は心を幸せにする最先端兵器を開発しました

 

2014 年、アメリカの薬物乱用死者は47000 人とCDC が発表しました。鎮痛剤オビオイトの乱用です。鎮痛剤の過剰処方のヘロインを含むアルカロイド化合物の乱用です。(2000 年から2014 年までの間死者は50 万にのぼります。)

 

心の病で傷ついた軍隊の隊員の心を薬漬けにする西洋医学は狂っている。うつ病は薬では治せない。武器を扱う隊員の心の病は大きな事件につながります。

 

ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法の急所脊髄に響かせ生体麻薬の麻薬作用で傷ついた心を幸せにマインドコントロールし、病を自分で治す最先端技術は今世紀最大の発明と言われています。
世界の軍事産業が探し求めた、人間の心をマインドコントロールする究極の響きの科学です。

 

 

アメリカのコロンバイン高校の銃乱射事件は抗うつ剤が関与薬漬けに銃保持の思想は危険!

 

心の病を薬漬けにするアメリカ社会は、残酷な銃乱射事件を起こしています。薬漬けに銃保持は危険です。
西部開拓時代の銃保持の思想は、現代の薬社会のアメリカには危険です。コロラド州コロンバイン高校で、1999 年に高校生による銃乱射事件が起きました。
生徒12 名、教師1 名の死者、重軽傷者24 名、アメリカ史上最悪の残酷な事件が起きました。高校生の犯人2 名は自殺しました。

 

犯人のカルテを調べていくと、抗うつ剤ルボックスにたどり着きます。日本の宅間守死刑囚(池田小学校大量殺人事件犯人)の、借置入院の病状カルテを調べていくと、抗うつ剤ルボックスにたどり着きます。
善良な市民が、薬で犯罪者になる現代の社会は狂っています。日本のうつ病患者は、100 万人を突破(厚生労働省2010 年)抗うつ剤との関係が指摘されています。(2000 年からうつ病患者が、激増したのは抗うつ剤SSRI が原因か?2010 年読売新聞より)

 

2011 年11 月4 日フジテレビ報道番組によると、過去5 年間で精神異常とされた遺体の行政解剖薬物検査の結果、覚醒剤136 件、医薬品による死者3339 件、医師に処方された薬が原因です。(東京都監視医務員)

 

 

日本の軍隊は太平洋戦争で心の高揚に『ヒロポン』を常用させていました

 

日本は、1941 年大日本製薬メタンフェタミン製剤「ヒロポン」(覚醒剤)武田長兵衛はアンフェタミン製剤「セドリン」(覚醒剤)を海軍、陸軍に大量に納入しました。
特効薬として特攻隊員に菓子袋に入れてカジュアルに支給しました。製品は、「ヒロポン」の周りをチョコレートで包み『菊のご紋章』を付けて納入していました。

 

出撃前に注射やチョコレートを特攻隊員に食べさせていました。それを食べた若者は、意気揚々と戦地に出撃し散っていきました。むごい、悲しいことです。これを書くと涙がでます。
九州の基地では、1036 人の特攻隊員に「アンプル」を投与。国を守るため計6000人が玉砕していきました。悲しい事実です。
精神を高揚させ、人間性を失くす「ヒロポン」は慰安婦問題や、南京事件を起こした悲しい現実があります。

 

日本政府は、大日本製薬 武田長兵衛商店に、覚醒剤の製造中止を勧告、昭和26 年(1951年)覚醒剤取締法が制定されました。
西堀貞夫の父、西堀孝一は軍医として特攻隊のヒロポン支給の恐ろしさを知り、軍上層部に進言、ニューギニアの戦地アインで戦死しました。この想いが私たちの原点です。患者の会には、この真実を知るたくさんの遺族の方がお見えになります。

 

連合軍総司令部(GHQ)は、戦後6 年間 日本人を覚醒剤中毒にしました。
連合軍総司令部(GHQ)は、1945 年(昭和20 年)から1951年(昭和26 年)の戦後6 年間に渡り、中国のアヘン戦争のように日本国民をヒロポン(覚醒剤)漬けにしました。

 

現在の日本の薬漬け医学を作り上げたのはGHQです。1947年(昭和22年)4 月23 日にヒロポン(覚醒剤)より先に大麻取締規制を行いました。
その後、1951年(昭和26 年)にヒロポン取締規制を行ったのです。何かおかしいと思いませんか?