日光東照宮でスピリチュアルに触れる


 

日光東照宮

 

日光東照宮は徳川家康を祀って建てられた栃木県の日光市にある神社で、三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)や平和を表すという眠り猫などで有名で、世界遺産にも登録されています。

 

建てられている位置は関東(当時の江戸)からみるとほぼ北にあたります。
風水では鬼門の次に運気の低くなる北に神社を置くことで、江戸を守ることを目的としたともいわれています。

 

建立には、陰陽道を取り入れており、陽明門(国宝)をはじめとして、各建物を線で結ぶと、北斗七星の形になります。

 

子孫繁栄、生命力向上、知力向上、仕事運向上などのご利益があります。

 

日光東照宮はパワースポットとして訪れる人も多く、電磁波のプラスとマイナスが同じ量になって打ち消しあっているゼロ磁場と同様に気が発生しています。

 

日光という地名はもともと二荒山(ふたらやま)の二荒を「にこう」と読んだことから「にっこう」に変形し、日光という字をあてたと言われており、近くにある二荒山神社は、東照宮の元となっている神社であり、その場所にあるご神木には恋愛のご利益があります。
東照宮と合わせて訪れたいパワースポットです。

 

物体としてこの世界にあるものは、粒の性格を持っていて、粒でないものは波として存在しています。

 

波は、私たち人間の目には見えませんが、私たちに良い影響も悪い影響も与えています。
ですから、波を操作することは、気を扱えることに近いと考えられます。
まずは気の多く発生している場所に行って、気を感じ、その気を体内へと動かす、つまり取り入れることからはじめてみるとよいでしょう。