超能力・テレパシーの 磁気能力を高めると子供の 記憶力・集中力が 飛躍的に向上


テレビ・音楽のゼロ磁場の響きで頭脳を良くする素晴らしい授業

 

子供の頭脳を良くする方法が分かってきました。人間の脳はマグネタイト(磁鉄鉱)、脳血液(強磁性鉄イオン)の磁気を持っています。
コンピューターも磁石の磁気メモリーで記憶しています。

 

子供の脳もマグネタイト(磁鉄鉱)と脳血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高めると、記憶力・集中力が飛躍的に高まり、学習能力が良くなります。
胎児の尿を浄化する羊水の響きと同じ映画・テレビ・音楽の響きで、血液のサビを取り除き、血液を温め、サラサラにし、脳への血流を増やし、脳を活性化し、頭が良くなります。

 

 

赤血球は強磁性の鉄イオンを含みます。血液は鉄の匂いと味がします。
血液(強磁性鉄イオン)は酸素、ブドウ糖と結合、酸化作用で血液が錆び、血液をボロボロにします。錆びた血液(赤錆)を黒錆(二価鉄)に変え、磁気作用を高めることが大切です。
錆びた血液は磁気が低下、低体温となり、気力のない人間になります。

 

血液の錆びが超能力・テレパシーの磁気共鳴作用を劣化させます。
ゼロ磁場 音響免疫療法は、地球の地磁気、パワースポットをお部屋に誕生させ、超能力・テレパシーの磁気能力を高めます。

 

医療検査機械 MRI(磁気共鳴画像法)は、生体磁石を応用

 

医療検査機械MRI(磁気共鳴画像法)は血液の 強磁性鉄イオンの磁気を応用しています。
脳は、マグネタイトと鉄イオン(血液)を含みます。コンピューターの磁気メモリーは、磁気で記憶。人間の脳も磁力を高めると記憶力、集中力が高まり頭脳が明晰になります。
医療用エコー検査は、身体にジェルを塗り空気を通さずに超音波で検査を行います。固体・液体は、波動エネルギーを伝えますが空気は伝えません。身体に響かない耳で聞く音楽療法は、効果がないのです。

 

ゼロ磁場音響免疫療法の網構造体が、ジェルの役割を果たし羊水の響きの波動エネルギーを 身体に伝えます。
羊水の響きは、身体を38℃に温め60兆個の体内細胞を若返らせます。ゼロ磁場音響免疫療法は、医学の世界に革命を起こしたのです。
1981 年、国立科学研究センター(フランス)の生物学者 エレーヌ・グルマンと生体エネルギーの研究者 ファヴイアン・ママンは、低周波の音を正常の細胞とがん細胞に聴かせると ある可聴域の音ががん細胞を死滅させることを発見しました。

 

超能力・テレパシーの神秘的な磁気共鳴現象を科学的に解明しました

 

疲れた心臓の鼓動を助ける音響チェア 映画・テレビ・音楽の響きのマッサージは血流を良くし血液循環機能が蘇り血液の磁気を高めますゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は、あなたの超能力・テレパシーの潜在能力を高めます

 

イエス・キリストが聖地ゼロ磁場のエルサレムで施した手当ては磁気エネルギーを応用したテレパシー療法です。
ゼロ磁場の聖地エルサレムは、人類を誕生させた大地溝帯の断層の磁気エネルギーの強いゼロ磁場にあります。
伊勢神宮も、中央構造線の断層地帯のゼロ磁場に建てられています。
古代の人は、本能でゼロ磁場の場所を選んでいました。

 

血液は、強磁性の鉄イオンを含みます。
血液の磁力を高める音響免疫療法は超能力・テレパシーの潜在能力を高めます。
生体磁石の磁気作用の高まりはお互いの持つ生体磁石の磁気エネルギーが磁気共鳴しテレパシーで心を伝え合います。

 

『残留思念』、『磁気残留』、『霊現象』は、死後、磁気エネルギーの渦や磁気の霊が残留する神秘的な現象です。
テレパシー、虫の知らせ、母と子の愛の絆は、お互いの磁気が共鳴し磁力の糸が引き合い心を伝えます。
MR(I 磁気共鳴画像法)で、 2人の間に磁気共鳴の脳活動を確認しました。
双子は、一方が危険を感じるともう一方も感知するテレパシーの超能力があります。
磁気が、お互いに共鳴する現象が確認されています。
(科学雑誌サイエンス)

 

 

生体磁石の磁気エネルギーがお互いに共鳴 心を伝え合います

 

宇宙、地球、人間は磁気に満ちています。太古の地球は酸化鉄の塩の海です。
海で誕生した細胞は鉄呼吸をしていました。現在の酸素呼吸する細胞へ進化しました。人間の血液は強磁性鉄イオンを含みます。血を舐めると鉄の匂いと味がします。
古代の人間はお互いに持つ生体磁石の磁気作用で共鳴し、お互いに心を伝え合っていました。

 

以心伝心、双子や母と子の絆、虫の知らせは、お互いに持つ血液の磁気と遺伝子が共鳴し双子や親と子で伝え合うのです。
MRI(磁気共鳴画像法)で測定実験、互いの間に磁気共鳴の脳活動のゆらぎ現象を確認しました。

 

アメリカ人の50%は超能力、心霊現象による心理的な現象を信じています。アメリカ人の30%はテレパシーの経験と存在を信じています。
(1998 年)超能力を感じる人を「羊」、信じない人を「山羊」と呼びます。現代人はテレパシーの本能を忘れた、気力と磁気の無い人間になっています。磁気エネルギーを感じる人は素晴らしい人が多いのです。

 

真理を研究する協会の音響ルームを訪問され、ゼロ磁場の磁気の渦現象や磁気共鳴により身体が磁気をおび、超能力、テレパシーの高まりを体験されることをお勧めします。