太古の昔 渦神社と言われた磁気の強い場所に伊勢神宮は建てられています


 

日本人の心 伊勢神宮はゼロ磁場の磁気エネルギーに満ちた聖地

 

日本の神、伊勢神宮は、ゼロ磁場磁気エネルギーの渦です。伊勢神宮は、巨大な断層地帯のエネルギーの押し合う地震地帯、中央構造線の磁気エネルギーの強いゼロ磁場にあります。
太古の昔、渦神社と言われた磁気エネルギーの強い場所に伊勢神宮は建てられています。
血液(強磁性の鉄イオン)は、鉄の匂いと味がします。身体は生体磁石です。

 

伊勢神宮のゼロ磁場磁気エネルギーの渦と、人間の持つ生体磁石の磁気エネルギーの魂の渦が、お互いに磁気共鳴し心に神を感じるのです。
古代人は、本能で磁気の強い場所を選んでいました。
聖地と言われる場所に踏み入ると、土地から湧き出る磁気に身体の生体磁石が、磁気共鳴し心に神を感じ清楚な気持ちになります。
伊勢神宮の神の言葉はヘブライ語が原点。

 

『倭姫命世記』によれば、垂仁天皇10年、倭姫が天照大神の御霊代を祀る地を探し、淡海国坂田宮より美濃国伊久良河の地(瑞穂市)に辿り着き、この地に4年滞在したと伝えられています。
倭姫は、神のお告げを受け、伊勢の五十鈴川の辺りに宮を遷さんと生津の地より二隻の木船で、伊勢へ向かわれたと伝えらえています。
倭姫は、舟に乗ろうとしたが豪雨で船を出すことが出来ず、森の下で泊まられた故、森下と今に伝えられています。

 

生津は、舟が出入りした故、生津と言われています。尾張国神戸(一宮市)に辿り着き、中島宮に滞在することになる。(『倭姫命世紀』)
西堀貞夫の生まれた生津は、元伊勢と言われるゼロ磁場の磁気エネルギーの強い場所です。

 

伊勢神宮の神に捧げる「御塩」を手造りで用意しました

伊勢神宮は神に捧げる「御塩」を御塩殿のかまどで炊き手造りしています。
神に捧げる塩と同じミネラルの多い「御塩」の天然塩を伊勢神宮の方式で天日塩(韓国)で造りました。
伊勢神宮と同じ神に捧げる天然の御塩を皆様にお届けします。日本のイオン交換膜で作られた、塩化ナトリウム99%以上の塩は、体に害になります。

 

伊勢神宮は磁気エネルギーが満ちた聖地

日本のゼロ磁場といわれる場所の多くは、日本最大の断層線である「中央構造線」に沿って位置しています。
中央構造線は、本州から四国、九州を貫いており、その真ん中に分杭峠はありますが、この線上には諏訪大社、伊勢神宮、高野山、石鎚山、阿蘇山など、重要な聖地が多く、国譲り神話に関わる神々が祀られています。

 

中でも伊勢神宮は別格で、まさに聖地というにふさわしいゼロ磁場の磁気エネルギーの渦の中に建っています。

 

伊勢神宮の地には、鉄の山脈があったのです。
ですから磁場が強く、安定した磁気エネルギーを放出しているゼロ磁場の渦が形成されていると考えられるのです。