奇跡のゼロ磁場~聖なるパワースポットで魂が癒される~


神聖なるゼロ磁場の誕生

 

”ゼロ磁場”という言葉は釈迦が生まれたインドで誕生しました。
釈迦は苦行をして、神聖なエネルギーで満ちたゼロ磁場で悟りを開きました。
幸せの境地を見つけたのです。

 

仏教の始祖である釈迦が感じた幸せの境地。
その幸せの境地の悟りを与えた影響こそ、ゼロ磁場のエネルギーなのかもしれません。
神聖なるゼロ磁場を訪れると、身体・精神・魂の浄化を肌と心で感じることができます。心に安らぎと高揚を、身体に力と甦り、そして大きな生命エネルギーを感じるはずです。

 

ゼロ磁場という特別な場所で、日常のあらゆることから解き放たれた時間を過ごしてみてください。
魂が浄化されて雑念から解き放たれることができます。
ゼロ磁場のエネルギーとは、母なる地球より与えられた生命への恵みなのです。

 

 

有名なパワースポットはゼロ磁場に建てられている

 

日本の伊勢神宮・諏訪大社・高野山などの有名なパワースポットは、
神聖なエネルギーがあるゼロ磁場に建てられていました。
聖地・ゼロ磁場に足を踏み入れると
超常現象で心が洗われ幸せの境地に包まれます。

 

 

日本というこの島国には、大きな断層が存在しています。
それが中央構造線です。

 

中央構造線とは本州から四国九州に続く巨大な断層です。

 

 

 

日本の神社仏閣として有名な伊勢神宮、諏訪大社、高野山や聖地・パワースポットと呼ばれる場所は中央構造線に集中しています。
中央構造線は地底で左右から巨大な断層同士が押し合うことで、そこにゼロ磁場は発生していると考えられています。
古来の人は本能でその場を感じ取っていたのです。

 

ここに日本の宗教の原点があります。
土地から湧き出ているゼロ磁場のエネルギーが宗教心を高めるために重要だったのです。
神社仏閣や聖地・パワースポットと言われる場所に足を踏み入れると、心が浄化するような清楚な雰囲気を感じて、何か大きな力に守られているような安心感に包まれます。

 

日本は昔から断層が発生させるゼロ磁場の神聖なエネルギーに満ちた国です。多くの地震などの自然の恐ろしさを体験し、謙虚な姿勢を持っていたからこそ「勤勉」「真面目」「優しさ」が日本人の心に生まれました。世界に通用するほど経済的に成長できたのもゼロ磁場のエネルギーの影響があるでしょう。
日本はゼロ磁場の神聖なエネルギーに満ちた、心豊かな素晴らしい国なのです。

 

 

釈迦が聞いた「諸行無常の鐘の声」

 

釈迦は諸行無常の鐘の声を聞き、出家をしたという記述が残されています。
鐘の響きは煩悩の心の苦しみを取り除きます。

 

沙羅双樹

釈迦が出家を決意した時、悟ったこと。
この世に存在するもの、こと、その全ては鐘の音のように不変なものは存在しない。
美しい花もいずれは枯れゆくことが、その理を表している。
どんな強者もいずれは滅び、春の夜の夢のように長く続くことはない。
それは風の前の塵のように。

 

このことを釈迦に気付かせたのは響き渡る鐘の音です。
鐘の響きは煩悩の苦しみから心を解放し、悟りを授けます。

 

人間の命も、花の命も、どんな栄光も永久には続くことはないということを私たちに教えてくれるのです。

 

 

ゼロ磁場の意味は「0」ではなく「全」

 

”ゼロ磁場”という言葉は、時折勘違いされていることがあります。
ゼロという言葉から、「0=何もない」と思われている方もいるようです。
しかしこれは誤った認識で、本当の意味はまったく逆のことを言っています。

 

これを説明するためには、まず地球が大きな磁石であるというところから始めましょう。
地球という星は、北極にS極・南極にN極の磁気を持っています。
この磁気があるからこそ、コンパスが北の方角を指し示すのです。
一方にN極、もう一方にS極を持っているということは、いわば巨大な磁石であるとも言えるのです。

 

そしてゼロ磁場。ゼロ磁場とは、地球のN極の磁気とS極の磁気がぶつかり合っている場所です。
巨大なエネルギーがぶつかり合う(押し合う)ことで、N極S極を打ち消してしまいます。コンパスは狂い方角を示さなくなり、そこには不思議なパワーが生まれます。N極でもS極でもない特別な磁気エネルギーが発生しているのです。
これがゼロ磁場の本当の意味です。

 

 

ゼロ磁場の生命エネルギーと人体への影響

 

ゼロ磁場にはたくさんの不思議な体験エピソードがありますが、
その中のひとつに「健康になった」「病が治った」というものがあります。
ゼロ磁場のエネルギーに触れて、身体の癒しを感じているのです。
この体験は非常に多くの方が報告されていて、それは日本国内に留まらず世界各国でみられている現象です。
何故ゼロ磁場は身体の健康に影響するのでしょうか。

 

その答えは、身体の中に磁気を持っていることと関係しています。
自分の身体に磁気を持っていることを知っている人はあまり多くありません。
しかし、これは人間だけではなく、多くの生き物が共通して持っているものなのです。

 

例えば渡り鳥はクチバシに磁鉄鉱(マグネタイト)を持っています。
渡り鳥が無事に次の目的地にたどり着くために最も重要な器官です。クチバシの磁鉄鉱でN極S極の磁気を感じ取り、方角を感じ取って旅をしています。
他にも鹿や牛、クジラやイルカ、その他多くの生き物が磁鉄鉱で磁気を感じて生きています。
そして人間にも同じ磁鉄鉱が身体の中に存在し、磁気を感じることができるはずなのです。
人間の磁鉄鉱は脳の中にあります。
かつての人々はこの磁鉄鉱でゼロ磁場の聖地を発見していました。

 

そしてもう一つ。
赤く流れる血液こそが、磁気を帯びた磁石そのものなのです。私たちに流れる血液は、強磁性の鉄イオンを含んでいます。
血が赤色なのも、血を舐めると鉄の味がするもの、この鉄イオンの影響です。これは強磁性なので、もちろん磁気に反応します。

 

このように、本来人間は自分の身体にある磁石で地球の磁気を感じ取り、病を癒すエネルギーに満ちたゼロ磁場を発見していました。
そしてその地を神聖なる聖地とし、様々な信仰を行ってきたのです。
時は流れ、現代に生きる人々はこの能力を失いかけています。磁気エネルギーの非常に少ない高層マンションのような場所にも、何も感じずに住んでいるのです。

 

しかし、私たちの身体は昔と何一つ変わりありません。
脳には磁鉄鉱が、血液には鉄イオンが流れているのです。
ゼロ磁場の生命力溢れるエネルギーに触れることで身体の健康を感じるのも一緒です。
ゼロ磁場のエネルギーと身体の磁気が共鳴し合い、健康や癒しや平穏を感受しているのです。

 

 

 

ゼロ磁場とは、常にその場所に留まり続けるものではありません。
例えば日本は地震が多い国ですから、そのような地球(磁場)の影響を受けて弱まったり強まったり、少し場所がずれたりしています。

 

本来それは本能で感じることのできるものでした。
しかし、現代ではそれを肌で感じ取れる人は非常に少ないと言えます。何故なら、自分自身の磁気エネルギーが弱まっている人があまりに多いからです。

 

自分自身の磁気エネルギーが弱まると、なんだか無気力な気持ちになったり、常にイライラしてしまったり、病気にかかりやすくなったりしてしまいます。
「なんだか最近調子が悪いな」とか「魂が疲れているな」と感じたらゼロ磁場の地を訪れてみてください。
必ずその問題に、癒しと浄化を与えてくれるはずです。

 

 

 

 

自宅の室内にゼロ磁場を発生させる。
神から使命を与えられて作られた音響免疫療法。
ゼロ磁場を理解し、人間の身体のことを理解する人をお待ちしています。

 

>>ゼロ磁場を自宅に発生させる音響免疫療法はこちら<<

 

 

 

ゼロ磁場に関することや、ゼロ磁場を発生させる音響免疫療法に関するご質問・お問い合わせはこちらのメールフォームからお願い致します。

 

>>お問い合わせフォームはこちら<<